前へ
次へ

転職先となる営業求人は組織の種類で選ぶ

運営するには組織があり、組織を見れば企業の考え方が分かるといいます。
それぞれの専門のセクションが担当し、無駄を省き、低コストで行おうとするのですが、開発、製造、広報などの人材を上手く使うためには、各部門に責任者を配します。
それぞれの仕事が円滑に進むために組織作りがあります。
各支社に営業だけでなく、生産や管理の部門を大きくもっている企業では、それぞれに与えられた権限が大きいと予測できます。
営業求人では、大企業が導入している「事業部制組織」に注目してみましょう。
組織を事業ごとに編成し、各事業部に開発から販売といった複数の機能を管理させています。
転職の理由によって「機能別組織」が肌に合っていることもあるでしょう。
営業求人でも、意思統一やスキルの共有が図りやすく、責任だけを追及されることに嫌気がさすこともあれば、転職先としては機能別組織が向いているでしょう。
会社全体でなく、事業部のみの利益優先とするのか、組織の種類から求人情報は見定めなければなりません。

Page Top