前へ
次へ

志望企業の文化を理解して現実とのギャップを埋めよう

新卒採用でも中途採用においても自分が活き活きと働くことができる企業に入りたいものです。どちらにしてもまずは求人票を見ることになるとは思いますが、その時に入りたい企業なのかどうかを確認します。入りたい会社であればその次に応募書類を記入して実際にエントリーを行います。エントリーをした時に初めて企業と接点が出てくるわけです。応募者としては求人票通りの企業なのかということを確認します。企業の担当者としては欲しい人材なのかということを確認するためにあれこれと質問をします。応募者としては求人票で見えないことがどうしても出てきます。それは企業の文化で、同じ業界であっても文化の違いは垣間見れるものです。入ってからびっくりしないためにも事前にどういう企業なのかということを確認しておきたいポイントです。もし知り合いなどが入れば企業の文化などについては聞いておいたほうがギャップが少なくて済みます。少しでもギャップを埋める努力をした方がすぐに辞めるリスクを下げることにつながるでしょう。

Page Top